自分で料理を作りたいなら迷わず自炊プラン!

一般的に、合宿で自動車免許を取得する場合は、合宿期間が最短でも2週間となってしまいます。そのため、この期間の食事については寮の食事であったり、近所のコンビニエンスストアで買ってくる弁当となってしまい、食事の内容が偏る傾向になってしまいます。
その点、自炊プランの場合は、自分で野菜や魚などの食材を近所のスーパーやコンビニで買ってきて、寮のキッチンで食事をつくることができるメリットがあります。料理のレパートリーが豊富な方ならば、寮の食事を食べるよりは、自室で料理を作った方が食事を楽しむメリットがあります。それに、カロリーの管理や、味つけの調節も自分好みに作ることができますから、毎日の食事に飽きることはありません。
また、人によっては肉料理が苦手な人もいますし、魚料理が苦手な人もいます。そういった人は、自室で野菜やイモなどをメインにした料理を作って食べることができますから、苦手な料理を無理して食べる必要もなく、自分の好みの料理を毎日食べることが可能となるメリットがあります。

自炊プランの難点

あらかじめ自炊プランを選択してしまうと、毎日、自室で料理をしなければならないというデメリットがあります。もちろん、食事をしたあとは、食器洗いなど片付けもしなければなりません。2週間、毎日自炊をすると、意外と時間をとられてしまいますので大変です。自室にこもる時間も長くなってしまいがちです。これでは、自室とスーパーと自動車運転免許講習の間の往復になりかねないというデメリットは存在します。

また、合宿免許を申し込んだときは、カロリーを抑制したいとか、食事は普段通りのものを食べたいという理由で自炊プランを選択しても、合宿期間中には「たまには楽をして食事をしたい」と思う日もあると思います。そのようなときは近所のコンビニで弁当を買ってくるなどの手段しか方法はないと思われますので、食事の選択肢はかえって限られてしまいます。

それに、毎日自分で料理を作るので、合宿免許に参加している他の生徒さんと交流する時間が少なくなり、せっかくの夕方以降の余暇時間をひとりで過ごすことになりかねません。そして、毎日食材をスーパーなどで購入することによって、費用支出が多く発生してしまうデメリットも存在します。

自炊プランが適している人

ご自身の体調が万全でなく、かかりつけの医師から、食事のカロリー制限を言い渡されている方には、自炊プランがお勧めだと思います。なぜなら、自分でカロリーや塩分の調整をすることが可能だからです。また、他人が作った料理を食べるのは苦手だという人は、現代社会では少なからずいらっしゃると思います。そのような方にも、自炊プランはお勧めです。

そして、日々の仕事が忙しくて仕方がなく合宿免許を選択したけれども、赤の他人と一緒に行動するのは苦手という方にも、自炊プランはお勧めだと思います。一般の合宿免許の場合は、寮の食堂で食事をしたり、合宿所で気の合った仲間同士で夜間に出かけていき食事をすることになると思います。自炊プランの場合は、みんなで一緒にスーパーに買い出しに行くことはあるかもしれませんが、あとはそれぞれが自室で料理を作って静かに過ごすケースが一般的ですので、知らない人と無理して交流することが苦手な人には、自炊プランは適していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です