レギュラープランで安く免許を取ろう

合宿免許におけるレギュラールームプランは複数人で同じ部屋をシェアする相部屋プランのことを指します。相部屋では同じ部屋に複数人が同時に宿泊しますので、広めの部屋になっているケースが多くなります。レギュラープランには大きく分けて和室と洋室の二つの部屋タイプが用意されています。和室を主体にしたレギュラープランの場合、8畳くらいの部屋にみんなで布団を敷いて寝泊まりします。日中は布団はしまわれているので大きな和室として利用可能です。洋室を主体にしたレギュラープランの場合は二段式ベッドで割り当てられたベッドを使って寝泊まりします。ベッドは固定されていますので、寝室とは別にいまのような居室が設置されていることが多いようです。いずれの場合も異性と同じ部屋になることはなく必ず同性との相部屋です。一人で参加する場合には同じように一人で参加している人と相部屋になりますが、3名以上のグループで参加している場合はグループごとに部屋を割り当てるケースが多いようです。

レギュラープランのメリット

レギュラープランにおける最大のメリットは宿泊費が安いことです。大きな部屋を複数人でシェアする形になりますので、部屋の利用代金も人数分でシェアするので費用が安くなるのです。そして一人で参加しても同じように運転免許を取ることを目的とした人と同じ部屋で寝泊まりすることになりますので、新たな友人関係を作ることが出来ます。合宿免許の相部屋になった人が生涯の友人になった、といったケースもたくさんあります。また、グループで参加する場合には気の置けない仲間と楽しく過ごしながら、運転免許の取得という同じ目標に向かって進むことが出来ます。もちろんグループでの参加でも一人あたりの料金は変わりませんので、宿泊費用が安く済みます。合宿免許は遠隔のリゾート地に自動車学校が設置されていることも多いので、高校の友人たちと卒業旅行を兼ねて合宿免許で運転免許を取りに行くという、一挙両得なことが出来るのもレギュラープランの大きなメリットといえます。

レギュラープランの注意点

相部屋が主体となるレギュラープランですので、やはり注意する点というのはあります。まず、合宿免許の期間中はどうしてもプライバシーが薄くなります。常に同室の人と行動することになりますので、中が良くなりやすい反面、プライベートが保たれにくい実情があります。ただ、これに関しては、個人で利用できるリラックススペースなどを用意して緩和できるようにしている自動車学校が多数ありますので、あまり心配する必要はありません。もう一つの注意点としては私物の管理をしっかりする必要があるという点です。合宿免許の参加者は運転免許の取得を目的としていることから身元が明らかな人しかいませんが、そうした場であっても貴重品をなくしてしまうと同室の人が盗難の疑いを掛けられることになり、お互いに不快な思いが残ってしまいます。いつも以上に貴重品の管理をしっかりして、お互いにそうした不快な思いをしなくて済むように心がける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です