合宿免許で2週間の楽しい学生生活

短期間(2週間)で免許を取得しなければならないので、個人のカリキュラムは全て組んでくれているものの、入った初日からいきなり車を運転をさせられたり、あまりよく分からないまま「え?」「もう!?」と思う間もなく授業が進んでいきます。

私はAT限定でしたので、実技に関してはそう難しくはなかったのですが、MTで女性の方で、更に少し不器用な方は授業に付いていけず、途中でATに変更される方もいらっしゃいました。

学科も一気に教えられるので、自分でよく復習しておかないと修了検定に合格しなかったりします。私の場合は学校を卒業してすぐに入ったので、勉強に慣れていた分ちゃんとついていっていましたが、勉強に縁のない生活をしていらっしゃった社会人の方は苦労されていました。

実技に関しても、まずは合格することを前提とした運転の仕方を教えられるので、免許を取って車が変われば本当に外で運転がちゃんとできるものなのかと少し心配でした。

2週間の寮生活でしたので、同時期に入った人達と仲良くなって、夜にはゲームをしたり、毎晩みんなと遊んでいました。私の行った学校は教習所の敷地内に寮があったので、学校が閉まった夜間は近くのお店で買ってきたバドミントンセットで遊んだり、コース内で鬼ごっこをしたりと遊び放題でした(笑)。

私は学校を卒業してから入ったので、プチ学校寮生活の再び学生気分を味わえて毎日が楽しかったです。食事は付いていたのですが、休校日には食事がないのでみんなで作ったりしました。

部屋も多くの教習所は二人部屋ですが私の行った学校は個人部屋でしたし、風呂や洗濯もし放題の快適生活。授業で分からないところはお互いに教え合ったりも出来ますし、知らない土地の学校に入るのでしたらちょっとした旅行気分も味わえます。

自動車運転の勉強が出来て、食事も付いていて、新しい出会いもあって、更には免許も取れる。合宿免許ってものすごく得だな~と思いました。

合宿免許の利点は2週間で修了できること。ただ、その2週間で全てを習うのでスピード重視です。学科の復習をゆっくりしたいと思っている方にはお勧め出来ません。

通学タイプと違ってカリキュラムを全て組んでくれているので、自分で予約を取る必要はありませんが、実技の先生は空いている人になるので選ぶことは出来ません。また、合宿免許に対応した教習所は少なく、自分の思った地域ではなかったりします。しかし、見知らぬ土地ならば旅行と思えば良いのです。

私は地元の近くにあったので、学校周辺のことは知っていたので困ることはなかったのですが、知らない方は苦労されていました。もし初めて行く土地ならば今の時代ですので、あらかじめ情報収集をしていた方が良いです。2週間の生活ですので、お店などの情報はもとより、仮免許を取ったら学校外で運転することになるので、地理や交通状況を頭に入れておいた方が良いです。

自分でルート決めをしなければならないので、周辺の地理を覚えていなければどころを走行していいか分からないのです。

後は学校ごとに寮だったり旅館だったりと設備も色々ですので、学生生活や旅行気分を堪能できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です