挨拶から始まる合宿免許

免許取得する上で苦労したことは「確認」ですね。

進路変更時、右左折時、停車時に高速道路での合流地点等、危険を瞬時に察知して対応する為に周りをしっかり確認する必要がある。ルームミラーを確認して…サイド…目視と一つでも忘れたら減点。そりゃそうですよね、路上で確認が不足すれば人を轢いてしまいかねないんですから。

路上教習になった時にこの「確認」の大切さを実感しました。学科を受けている時も教習所内での運転時にもなかなか意識できませんでしたね。教習官から「君一人が事故するならまだいい、でも誰かを傷付けてしまったらその責任取れるの?」と諭してもらった時に何かが変わりましたね。

僕は23歳で免許を取りに行ったのですが学生生活から時間が経ち、この年齢になってからの学科テストはなかなか苦戦しました。3回落ちたら一時帰宅させられるので必死でした。惜しくも落ちていく友達もいましたが一発で満点を取っていた人もいました。やる気の問題なのでしょうか…友達ができると夜更かし気味になるのでしっかり自制すればなんとかなるのかな…(笑)

何と言っても「友達」が出来たことです!入所日初めての食堂でたくさん話しかけに行って5人くらいできました!コンビニまで数キロ歩かないといけないような場所だったのでその友達を誘っていろんな話をしながらコンビニまで行ったのが思い出ですね。意外と住んでる場所が近かったり自分の友達の後輩だったり面白い出会いがありました。

その日からそれぞれが仲良くなった人と仲良くなって…を繰り返して僕の行っていた教習所にはA,B,C棟の3棟あったのですが、どこの棟とか関係なく皆で人狼ゲームやトランプ、UNO等をしてどんどん仲良くなっていきました。

皆入った日が違うかったので教習での大変だった点やどんな事をするのか、運転のコツなんかも話し合ったりして充実した毎日でした。初日に食堂で勇気を振り絞って皆に話しかけに行ってよかったなと思います。

卒業した今でもご飯に行ったりしています。この年齢になってこんな出会いや経験ができるとは思っていなかったので本当に楽しかったです!

これから合宿免許教習所へ通う方へ

近隣に何があるかを事前に知っておきましょう。

寮での生活ですので日用品が手に入る場所はどこなのか調べておくと役に立ちます。僕は行ってからコンビニが数キロ離れている事を知ったのですごく苦労しました!正直なところ現地でも調達できるだろうと思っていたので着替えなどしか持って行っておらず、シャンプーなどの貸し出しはないところだったので入所日に遠くまで行く羽目になりました(そのおかげで友達と仲良くなれたので結果オーライ)

意外と運転よりも勉強に手こずったイメージです。学科の勉強などわからない事は友達に聞くなどしましょう。僕もたくさん助けられました!

積極的に挨拶をしましょう!「はじめまして」「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「おやすみなさい」「お疲れ様です」僕は挨拶で皆と仲良くなりました。合宿は共同生活です。自分が気持ち良く生活するためには他の人も気持ち良く生活できるようにしてやっと実現すると思います。「他人だし」「どうせ数週間の付き合いだし」そんな風に自分本位な考えは置いておいて皆と仲良くなって楽しく生活できるようにすると充実した毎日を過ごせますよ。
いろんな人がいます。少しでも参考になればいいな。